PETAMPER【PART97】iOS版アプリ公開の工程③ iTunes Connectでアプリを登録

LINEで送る
Pocket

iOS版アプリを公開するまでの工程の3回目です。

前回Apple Developer Programに登録したことで使えるようになったiTunes Connectで、新規のアプリを登録します。

あらかじめiTunes Connectで新規のアプリを登録しておかないとXcodeでのビルド時にエラーが出るらしいので、今のうちにやってしまいます。アプリ公開時の細かい情報の登録は後々行いますので、ここでは最低限必要な登録のみに留めます。

 

まずは全体の流れをおさらい。

①キーチェーンアクセスから証明書署名要求(CSR)ファイルを作成

②Apple Developer Programに登録 → プロビジョニングプロファイルの作成

③iTunes Connectでアプリを登録

④UnityでiOS用のファイルをビルド

⑤Xcodeで公開用のアプリをビルド(先に実機で確認)

⑥iTunes Connectで公開情報を登録

⑦申請をして審査が通ればリリース!

今回のパートでは③iTunes Connectでアプリを登録を行います。

 

新規Appの作成

まずは前回登録したApple Developer Programにサインインします。
096002

サインインしたら以下のようなAccount画面から、赤枠の「iTunes Connect」をクリック。(左メニューの「iTunes Connect」からでもOK)
097001

iTunes Connectの画面で「マイ App」をクリック。
097002

まずはここでアプリを新規登録します。
画面左上にある「+」ボタンをクリックして、メニューを出します。
097003

097004

メニューから「新規 App」を選択。
アプリを登録するためのいくつかの項目を設定します。(スクショ取り忘れたので項目の説明のみ)

〇プラットフォーム
…「iOS」か「tvOS」かチェックを入れます。普通のiPhone用のアプリならiOSにチェック。

〇名前
…アプリの名前です。

〇プライマリ言語
…世界に配信する場合は英語(アメリカ)で設定しておきましょう。日本語に設定すると海外での対応が日本語になってしまいます。日本でのみ配信する場合ならプライマリは日本語でも構いません。

〇Bundle ID
App IDで設定したIDが候補に表示されるので、それを選択しましょう。

〇SKU
自分が把握しやすい名前なり番号なりを好きなように入れて下さい。

 

全部の項目を入れたら「作成」ボタンをクリック。

マイ Appのところに新しいアプリが登録されていると思います。(アイコン未設定・提出準備中となっているはずですので下のスクショとは異なります)
097005

このアイコンをクリックしてみると、下のような画面になります。
097006

この画面で価格の設定やカテゴリ、アイコン、スクリーンショット、プロモーション用のテキストなどの設定ができるようになります。

ひとまず現段階ではここまで進めておけば問題ないのでこれらの設定は最後に行うとして、次のステップではアプリのビルドを行っていこうと思います。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket