PETAMPER【PART57】~アイコンの作成/Splash Screenでロゴ表記の設定~

LINEで送る
Pocket

メインゲーム以外が着々と出来上がりつつありますが、まだ重要な部分が残っています。それがこのアプリのアイコンです。今回はアイコンの設定と、ゲーム起動時に表示されるロゴ表記の設定をしていきます。

031

 

目次

アイコンの設定

まずはアイコン自体を用意しました。タイトル画面の構図をベースに、ゲームの雰囲気が伝わるようなアイコンにしました。

このアイコンはGoogle PlayやApp Storeに並んだ時、自分のスマホにインストールした時に、他のアプリがたくさんあるところに一緒に並ぶわけです。ですから他のアプリよりも目立てるように濃くて目立つ色、そしてゲームの象徴であるキャラクターが大きく見えるよう意識しています。

アイコンを作ったら、プロジェクトにその画像を入れて設定をしていきます。

①Unityのメニュー[File]→[Build Settings]→[Player Settings]でプレイヤーセッティングを開く

029a

②Default Iconに先ほどの画像を設定。

 

基本的にはこれでOK。自動で各サイズのアイコンも設定してくれます。

「Icon」の項目の下にある「Override for Android」にチェックを入れると各サイズごとに個別での設定もできるようです。

029

ただ正直サイズごとにアイコンが異なるとユーザーが混乱するような気がするので、このままにしておきます。

これでアイコンはOK!

 

スプラッシュスクリーンでロゴ表記の設定

続けてロゴ表記の設定をしていきます。デフォルトの状態だとアプリ起動時に黒い背景に白い文字で「Unity」のロゴがバーンと表示されます。ここに自分のゲームのロゴを表示させます。

設定をするのは[Player Settings]の[Splash Image]から。

030

スプラッシュスクリーンの項目で設定を変更できます。ロゴの表示する順番や表示位置、ズーム、表示時間の設定など色々と設定できます。

「Preview」のボタンを押すとすぐに確認することができるので、どう変更されるのか確認しながらいじってみると面白いです。

↓適当な画像でいくつか作ってみた。

032

033

034

ただしUnityのライセンスがPersonal(無料ライセンス)の場合、Unityのロゴは外すことは出来ません。

ライセンスがUnity Plus/Unity Professional(どちらも有料ライセンス)の場合は、Unityのロゴを非表示にしたり、そもそも起動時にスプラッシュスクリーンを表示しないように設定もできるようです。

早くゲームを始めたいユーザーにとっては鬱陶しいモノかも知れませんが、せっかくならこういうところでもオリジナリティ溢れるモノにしてみたいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket