謎の歩行生物(仮)【PART31】~これまでのまとめ・今後の予定~

LINEで送る
Pocket

025

4月に入りα版を迎えました。α版の目的である「ゲームの楽しさが理解できる状態」までには形にすることが出来ました。ただ当初の予定とは少し形が変わって今後の予定にも若干変化があるので、一旦これまでのまとめと、今後の予定について報告をしようと思います。

目次

これまでのまとめ

まずはpart28以降、大きく変更した部分のまとめを動画で動きを確認しながら紹介します。

初期に考えていた「竹馬」というアプローチ方法ではなくなりましたが、コンセプトはブレていないので問題はありません。むしろ順当に面白い方向に向かっていっていると感じています。

本当ならばもう少し開発は進んでいる予定でしたが、キャラクターのデザインで少し迷走した分、遅れが出ています。ただ、今後背景やステージなどの作業量を削減する方向性も見えているので何とか取り戻せる範囲内だと思っています。

あと、色々とAssetを探して使ってもみましたが、最終的にはBGMとSE以外は全部自分で作れる範囲でまかなえそうです。

 

今後の予定

4月以降優先して行う作業としては、以下のことをしていく予定です。

1.死亡(リトライ)の演出

2.ゲームスタート、ゲームクリアの演出

3.ステージ床の配置の調整

4.カメラの距離、範囲等を調整

5.SEの実装(仮じゃない音)

6.足元のエフェクトの調整

7.UIの作成

8.キャラの顔を変更

9.ステージギミックの作成

10.敵の動き

やはりゲームのメインとなる部分を優先的に作らないと話になりませんので、そこを中心に開発を進めます。

その後、タイトルやステージセレクトの画面等、必要な画面を実装し、あとは時間が許す限りステージ数を増やしていく、といった順番になると思います。

4月中旬頃からは、また仕事とは別に大学院に通っていくので、確実に作業時間が減ってしまいます。体力的にもつらい時もありますが、それでも自分が思い描くゲームが着実に形になってきているのは非常に楽しいです。今後も開発を楽しみつつ、多くの人を楽しませることにワクワクしつつ、着実に進めていこうと思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket