謎の歩行生物(仮)【PART30】~3ds maxでモデリング②~

LINEで送る
Pocket

前回のモデリングに納得がいかなかったので、もう一度モデリングをやり直します。まずラフを書き直しました。

018

懲りずに子供が乗っている…。いや、それは置いておいて「胴体は球体に近い」「しっぽは短くツンと上を向いている」「首は太く中央にくびれがある」といった特徴をしっかりと確認して、もう一度モデリング作業に移ります。

020

大分イメージした特徴通りのモデリングになりました。ちなみに首・頭は挙動によって揺れるようにしたいので全部バラバラのオブジェクトにして、結合はしていません。

で、これをFBX形式で書き出してUnity上で組み合わせると…

015

こんな感じ。子供たちも手で必死に親にしがみついてブランブランしています。可愛い。(「Fixed Joint」で一定の力が加わると振り落とされるようになっています。)

子供を乗せる要素も入れていきたいなと思ったのですが、結構歩くだけで難しいのに「子供が落とされないように」とまで考えさせるとこのゲームのメインに据える面白さがとっ散らかってしまうので、この仕様はカットします。作業量も増えてしまいますし。ただこの子供たちは可愛いので障害物として使っていきたいと思います。

この時点で4月1日ですので、α版の〆切前日です。次回は動画と合わせてここまでのまとめをしてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket