謎の歩行生物(仮)【PART28】~ステージを刷新~

LINEで送る
Pocket

前回「竹馬」というアプローチ方法を変更したことで、記事のタイトルも変更しました。とりあえず「謎の歩行生物(仮)」としておきます。

012

で、現状がこんな感じになっています。前回からずっと歩く挙動の調整して、かなりいい感じに動くようになってきたので、見た目の部分にも変更してみました。

まずステージの床部分のモデルをトゥーンシェーダーにしてキャラと表現を合わせました。基本的に単色でステージごとに色を変えていくようにしていきたいと思います。

背景も3Dで作っていきましたが、今後ステージ数を増やしていく際に時間が掛かりすぎるため、単色にグラデーションを掛けたモノにしました。(Skyboxにマテリアルを設定しただけ)

背景に見えている星はパーティクルです。背景に動きがないのは寂しいので、このパーティクルで動きをつけるようにします。スクショだと伝わりにくいですが星が流れては消えていくような動きをつけています。これもステージごとにマークや動きを変えていこうと思います。

現時点でもう3月が終わりそうですが、キャラのデザインに迷走していたせいで目標としていたα版よりも若干作業の進捗が遅れています。上記3つの変更はキャラの表現に合わせる意味もありますが、今後の作業の負担を減らして遅れを取り戻す意味もあります。以前よりもポップな感じになりましたが、これくらい可愛くてシンプルな方がキャラクターとギャップがあって、よりキャラクターの謎さを引き立たせてくれそうです。

ちなみにキャラが円柱状になっているのは、単純に足の挙動だけを見たかったので首と頭を消しているだけです。これはこれで味があって好きですけど。無駄に顔をつけているのは、その方が作業中楽しそうだっただけです。

キャラクターの動きやステージが出来てきたので、この後はデザインしたキャラクターの3Dモデルを作成していきます。

キャラの動きの動画も上げようと思いますが、動画はモデルを実装後にまとめて上げたいと思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket