竹馬ボーイ(仮)【PART26】~Linerendererでキャラの1部を表現してみる~

LINEで送る
Pocket

前回デザインの取っ掛かりが見つかったので、それをもう少し精査してみました。

004

動かす部分は、今までの竹馬の形はベースにしつつも、「竹馬」ではなく「足の一部」として変更しました。

ただ、似たような手法は以前にもいくつか試してはいました。

↓こんなパターンとか…

001

こんなパターンも。

008

このままでは足を引きづる問題や、以前まであったキャラがグチャグチャに崩壊する問題が解決されないことは分かりきっています。で、どうしようかと考えていた時にふと閃きました。今まではモデルを無理に動かそうとして関節が維持できずに崩壊していました。それを無理に動かすのではなく、崩壊しないように伸縮させてあげたらどうだろうかと。

以前エフェクトを作った時に紹介した「Trail renderer」と似たようなモノで「Line renderer」というのがあります。これは平たく言えば2点のオブジェクト間に線を描画する処理です。この線で足を表現したら、無理な動きが軽減されるかなと思い、早速試してみました。

 

「足の付け根」「膝」「足首」のオブジェクトが存在していて、それぞれのオブジェクト間はLine rendererで補完します。ですので、シーン上ではこのような見た目になっています。

005

ゲームを実行すると、それぞれのオブジェクトを結ぶ線が描画。

006

オブジェクトを動かすと、線も伸びる(ように見える)ので、多少の無茶な動きにも耐えられるように!

007

思っていた以上に良い感じに出来そうです。ただ、全然調整が出来ていないので足を引きづる問題は残っています。次回以降この辺を調整していこうかなと思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket