PETAMPER【PART101】Android版がプライバシーポリシー違反で削除!!?…からの対応

LINEで送る
Pocket

iOS版のリリースから約半年。

これまで仕事にばかり没頭していた反動か、この半年はゲーム開発どころかメールも最新情報もろくに見ず、自分でも飽きれるほど遊び倒しておりました。

久しぶりにAndroid版PETAMERの状況を確認しようとGooglePlayConsoleを覗いてみたところ、こんな表示が!!

101001

え………マジで!? 何で? いつから?

半年ぶりにメールボックスを開いて確認してみるとこんなメッセージが。

101002

削除の理由:  Android 広告 ID の使用ポリシー及び Google Play デベロッパー販売 / 配布契約 4.8 への違反

アプリが個人情報や個人情報や機密情報を扱う場合、有効なプライバシーポリシーを掲載して頂く必要があります。お客様のアプリは Android 広告 ID の収集及び転送を行うことが確認されましたので、プライバシーポリシーを掲載して頂く必要があります。 アプリが Android 広告 ID の収集を行う場合、有効なプライバシーポリシーを Play コンソールの所定の箇所及びアプリ内に掲載して頂く必要があります。プライバシーポリシーの中でユーザープライバシーについて明記し、URL が有効であることをご確認ください。

どうもプライバシーポリシーを掲載していなかったことが理由とのこと。調べてみると結構色んな人が削除されてしまっているようでした。(完全に出遅れた)

メールの日付的には1週間前から削除されているようでした。

とにもかくにも再びアプリを配布するべく、対応していきます。

 

目次

 

プライバシーポリシーへの対応

まずは色んな人のサイトを調べてみて、やるべきことをはっきりさせます。やるべきことの流れは以下の通り。

①自分のアプリのどの部分が違反に当たるのか調べる

②プライバシーポリシーを明記したページを用意

③googleストアの掲載情報に②のページへのリンクを追加

④アプリ内にも②へのリンクを追加してアップデート

といった感じでしょうか。

 

このゲームで「Android 広告 ID の収集及び転送」に該当するところがあるとすれば、Unity Adsを使って広告を表示する部分だけです。ですので他のアプリのプライバシーポリシーを参考にしながら、これについての記載をしたページをこのサイトに用意しました。(http://kurinuki.com/game-privacy-policy

 

次にGooglePlayConsoleの「ストアの掲載情報」にこのページのURLを貼っておきます。

101003

 

続いてはアプリ自体にサイトページへのリンクを追加していきます。

特にどういう場所でなければいけないという指定もないですが、なるべく分かりやすい場所に追加するのが良いかと思います。

このゲームに関しては、クレジット画面にこのサイトへのリンクがあるので、そこに同じように追加していきます。

101004

ボタンをコピペで追加して、このボタンをクリックしたら下の処理で指定したURLに飛ぶようにします。

101005

 

あとは動作に問題ないか確認したら、Apkファイルをビルドしアップロードすれば完了です。

(Apkファイルのビルド~アップロードの詳細はPart78に記載)

 

別の問題:対象APIレベルの変更

Apkファイルが出来たら、GooglePlayConsoleの「リリース管理」からファイルをアップデートします。

無事ファイルのアップデートが終わったかと思ったらこんな警告が…。

101006

え…。

現在、お客様のアプリはAPIレベル25を対象にしています。セキュリティとパフォーマンスが最適化された最新のAPIを利用するには、APIレベル26以上を対象にする必要があります。

わお。どうもAPIレベルが低くアップデートができない模様。プライバシーポリシーとは全く別の問題ですが、こちらも対処しないといけないようなのでついでにやっちゃいましょう。

101007

Unityのメニューから「Build Settings」→「Player Settings」とクリックし、上記項目がTarget API Levelの項目になります。設定をAutomaticにしていればインストールされている最も高いレベルに自動的にしてくれると思うので、ここの項目は変えなくていいですが、そもそもAPIレベル26以上がインストールされていないのでそちらで対応します。

 

Android Studioを起動し、最新のものにアップデートします。

101008

必要となるAPIレベル以上のAndroid SDKをインストールしときます。

(多分これで大丈夫だと思うのですが、一応Unityも最新のものにアップデートしときました。)

 

再びUnityでTarget API Levelを確認してみると、Android8.0(API level 26)以上が確認できます。

101009

あとはまた動作確認しApkファイルをビルドしたら、GooglePlayConsoleの「リリース管理」からファイルをアップデートします。

101010

今度は上手くいきました。ちゃんと対象SDK(APIレベル)が変更されています。

これで保存をしてアップデートを完了したら、アプリのステータスが「削除」から「公開中」に戻りました。

101011

いやー、良かった。

※実のところ「ストアの掲載情報」にプライバシーポリシーのURLを貼って、アプリのアップデートに失敗した段階で何故かステータスは「公開中」になってました。(アプリの更新は必要なかった?まぁただアプリを更新しておかないとまたすぐ削除されていた可能性もあるので、アプリ内にもプライバシーポリシーを追加しておいた方が良いとは思います。)

 

というわけで対応終わり!

疲れた…。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket