PETAMPER【PART100】iOS版アプリ公開の工程⑥ iOSアプリをリリース!

LINEで送る
Pocket

iOS版アプリを公開するまでの工程もいよいよ最後です!このゲームの記事も丁度PART100を迎えることになりました。(長かった…)

前回iTunes Connectにアプリデータをアップロードするところまで進めました。

まずは全体の流れをおさらい。

①キーチェーンアクセスから証明書署名要求(CSR)ファイルを作成

②Apple Developer Programに登録 → プロビジョニングプロファイルの作成

③iTunes Connectでアプリを登録

④UnityでiOS用のファイルをビルド

⑤Xcodeで公開用のアプリをビルド(先に実機で確認)

⑥iTunes Connectで公開情報を登録

⑦申請をして審査が通ればリリース!

今回のパートでは⑥iTunes Connectで公開情報を登録~⑦申請をして審査が通ればリリース!を行います。

 

目次

 

アプリの情報を登録

まずはiTunes ConnectのマイAppから、新しく登録しておいたアプリを選択します。

Part97で登録したアプリです)

100001

 

Part97の段階では新規にアプリを作成したけれど、情報をほぼ登録していなかったので、ここの情報を登録していきます。

100002

まずは「価格および配信状況」という項目で価格などを設定します。

デフォルトでは無料になっていますので、好きな価格を選択しましょう。(自分で細かい値段を付けることは出来ません。)

 

次に「1.0提出準備中」となっている項目からスクリーンショットなどを登録します。

100003

スクリーンショットはiPhone用(5.5インチ)、iPad用(12.9インチ)を用意します。

Appストアのダウンロードページに表示される画像なので、ユーザーが食いつきそうなものを用意しましょう。

複数枚登録できるので、なるべくなら複数用意した方が良いかと思います。

あとはプロモ用のテキスト、概要などを登録します。

 

前回(Part99)、Xcodeでのアップロードが完了していれば、「ビルド」からビルドを選択します。

(ちょっと画像がないので分かりにくいですが)

100004

ビルドを選択すればこのような画面になっているかと思います。

 

ビルドの下にある「App一般情報」ではアイコンやバージョン、年齢制限などを登録します。

年齢制限は「編集」をクリックすると、アプリについての質問が出るので回答していきます。虚偽の回答をするとリジェクトされる可能性があるので正直に答えましょう。

 

他にも登録すべき情報は色々とありますがここでは割愛します。自分で1つ1つ確認しながら登録してみましょう。

 

審査へ提出

諸々の情報登録が終わったら、画面右上にある「保存」をして「審査へ提出」をクリックします。

いくつかの質問に答えた後「送信」をクリックすれば、ステータスが「審査待ち」になり、メールアドレスに審査待ちであるメールが送られてきているので確認しましょう。

あとは審査が通るよう祈りながら待つのみです。

 

大体1日~2日程度で結果が返ってきます。(私の場合は半日程度でした)

無事審査が通れば、メールが送れらてきてAppストアでの配信がスタートします。

(配信日を自分で指定している場合はその日から)

 

自分でもAppストアにアプリが出ているか確認してみましょう!

100006

おぉ!ついにiOSでもアプリがリリースされました。

 

これでAndroid、iOS共にアプリをリリース完了です!

たくさんの人にプレイしてもらえると嬉しいですね。

皆さんも是非自分で作ったアプリを多くの人に楽しんでもらえるよう頑張って下さい!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket